日本では、菅義偉首相がオンラインカジノゲームを合法化するかどうかを検討している可能性があるという提案に、著名な政治家が冷水を注いだと伝えられています。

オンラインギャンブル 合法化ゴシップが日本で却下

日本では、菅義偉首相がオンラインカジノゲームを合法化するかどうかを検討している可能性があるという提案に、著名な政治家が冷水を注いだと伝えられています。

ギャンブル 合法

オンラインギャンブル 合法化ゴシップが日本で却下

Inside Asian Gamingの報告によると、小琴木八郎氏(写真)は、与党自由民主党の国家公安委員会の委員長を務め、最近の記者会見を利用して、iGaming法案が検討されているという噂を声高に否定した。情報筋は、進行中のコロナウイルスのパンデミックの直接の結果として活動がより人気が高まっているにもかかわらず、菅の政権が違法なオンラインギャンブルを取り締まると誓約することによって、55歳がその後さらに進んだと詳細に述べた。

論争の的となる主張:

立憲民主党の森山博之氏から、保守政権がiGamingの考え方を変えたかどうかを尋ねられた後、オコノギ氏の主張が出たと伝えられている。これは、菅と彼の内閣が、日本が陸上の統合カジノリゾートのトリオをまもなく認可する計画の一部として活動を合法化するかどうかを検討している可能性があるという広範なゴシップに従ったと言われています。

毅然とした返事:

これに応えて、オコノギは、今後3つのラスベガススタイルの開発を承認する統合型リゾート開発法は「オンラインカジノを含まない」こと、およびそのような活動は「この規制の対象ではない」と宣言したと伝えられています。彼は続けて、「オンラインカジノはそもそも違法である」と述べ、その結果、警察と彼自身の国家公安委員会からの「厳格な行動」の対象であり続けることになっています。

伝えられるところによると、オコノギは…

「オンラインカジノに参入し続けることは、
警察と国家公安委員会の委員長の役割。事実、これは統合型リゾート開発法またはカジノ管理委員会の担当大臣の管轄には該当しません。」

由緒ある見方:

オコノギ氏は、1955年以来ほぼ継続的に日本を担当している自民党が、違法なiGamingの運営を迅速に停止し、その所有者が「法廷で裁判にかけられた」のを見たという長年の評判を表明して終了したと伝えられている。

迫り来るリンク:

伝えられるところによると、12月に政府の「基本方針」の選択基準が正式に発表された後、3つの陸上統合カジノリゾートの日本への導入に向けた進展が進んでいます。現在、大阪や横浜などの多数の候補コミュニティは、2022年7月の締め切りに先立って、最終的な計画を連邦選考委員会に提出する前に、優先する外国の事業パートナーを選択しようとしているとされています。

日本 オンライン カジノ
0.0 rating
カジノクラシック:初回入金の100%のボーナス
4.5 rating
カジノシークレット:50%キャッシュバックボーナス
4.5 rating
インターカジノ:トーナメントの1千ドルの賞金プール
4.5 rating
ビットスターズカジノ:ボーナスの10,000ユーロ
4.3 rating
レオベガスカジノ:入金の50%のボーナス
4.5 rating
チェリーカジノ:入金の25%のボーナス
4.5 rating
フランクカジノ:入金のウェルカムボーナス