日本とカジノ管理委員会の規制当局は、次のようなゲームの暫定在庫を発表したと報じられています。統合されたカジノリゾートの国内の来たるトリオ内で提供されます。許可されたカジノゲームについて知りたいですか

日本とカジノ管理委員会の規制当局は、次のようなゲームの暫定在庫を発表したと報じられています。統合されたカジノリゾートの国内の来たるトリオ内で提供されます。

Inside Asian Gamingからのレポートによると、条件付きリストには212種類のバカラと8種類のポーカーを含む、現在日本で禁止されているゲームのバリエーション。情報筋によると、この大まかなカタログには、4つの形式のブラックジャックに加えて、大小、クラップス、カジノウォー、スロット、パイガオ、マネーホイールが含まれていますが、マージョン、パチンコ、パチスロットなどのより伝統的な娯楽は除外されています。

普及力:

伝えられるところによると、日本の議会の両院は、の5人の就任メンバーを承認しました。 11月のカジノ管理委員会750そしてその後として機能することで体に任務を与えました初期の国内カジノ市場の公式規制当局。この組織は、元国防省法務コンプライアンス検査官北村道夫が主導しています。 、さらに、ギャンブル依存症に対抗するためのさまざまな対策を考え出すように求められていると言われています

制限リスク:

伝えられるところによると、カジノ管理委員会はさらに1年間のカジノ禁止の採用を提案しています。 )その後、毎月の訪問に厳しい制限を課す前に、ギャンブル中毒を示したと思われる人に対して。オペレーターはまた、自分のゲームフロアで現在の時刻を目立つように表示する義務があると言われています疑わしい問題について話し合いたいパンターのために、社内の相談窓口を設置します。

誘惑禁止:

情報筋は、カジノ管理委員会から提案された規則により、今後3つの日本の統合カジノリゾート内のギャンブルに適した会場がキャッシュマシンをホストしたり、プログラムやインセンティブを提供したりすることをさらに禁止すると報告しました ‘ギャンブルへの情熱を喚起する可能性があります。 ‘

長期にわたる旅:

現在、日本ではほとんどのギャンブルは違法ですが、元首相の連立政権安倍晋三可決された法律2018の7月にいくつかの国を見るために126百万人がカジノライセンスのトリオを提供しています。これらの今後の施設のいずれかのホストとして選ばれるためには、候補コミュニティは経験豊富な外国のオペレーター

と提携する必要があります の4月に先立って連邦選考委員会に最終計画を提出する前に 締め切り。

深刻な精査:

カジノ管理委員会から提案された規則は、ライセンスプロセスに関与するすべての利害関係者と幹部が詳細な背景の対象となることをさらに確認すると報告されていますチェックして ‘社会的信頼性を確認します。 ‘組織は、このコースには、そのようなグループまたは個人のどちらであるかを判断するための金銭的および犯罪的調査が含まれると説明しました組織犯罪グループへのリンクがありました

コミュニティカウンセル:

カジノ管理委員会によって提案された提案されたルールと許可されるゲームタイプは、現在5週間の期間を経るように設定されていますパブリックコンサルテーション。その後、立法府の支援を受け、大規模な手直しを必要としない場合、早ければ夏に正式に祀られる可能性があります。 。

最近のカジノレビュー
4.5 rating
デイズ :入金不要ボーナス
3.8 rating
ジャンボリー :VIPプログラム
5.0 rating
コニベットカジノ:入金 不要 ボーナス
4.5 rating
ビットカジノ:定期的なプロモーション・ロイヤルティプログラム
4.5 rating
22bet カジノ:ウェルカムボーナス