日本国内のIR (カジノを含む統合型リゾート)の実現へ向けて、海外の大手統合型リゾート事業者が日本市場への参入を目指して来ましたが、ここに来て世界最大手の事業者のひとつであるラスベガス・サンズ社が2020年5月12日、日本撤退を発表しました。

米ラスベガス・サンズ

ラスベガス・サンズ

米ラスベガス・サンズ、日本ir進出を撤回

日本国内のIR (カジノを含む統合型リゾート)の実現へ向けて、海外の大手統合型リゾート事業者が日本市場への参入を目指して来ましたが、ここに来て世界最大手の事業者のひとつであるラスベガス・サンズ社が2020年5月12日、日本撤退を発表しました。

ラスベガス・サンズはアメリカ、シンガポール、マカオでIRを運営しています。今やシンガポールの象徴のひとつとなっている『マリーナベイ・サンズ』は特に有名ですね。

横浜市が誘致を進めるIRの有力候補であったラスベガス・サンズですが、何故彼らは新しい市場として注目されてきたはずの日本IR参入を断念したのでしょうか。

その理由のひとつは、新型コロナウイルスの感染拡大。観光やリゾート、カジノ産業は大打撃を受けました。この影響を受けて既存のリゾートにリソースを集中させるという事です。

この決断をさせたのは、コロナ禍で新規事業への資金繰りが厳しくなったという事だけではなく、日本IRには外資IR事業者が参入しにくい様々な理由があるようです。

日本のIRにおいては事業者のライセンス期間は10年とされており、これはマカオの半分という短さ。リゾートの建設には数年はかかるため、建設期間も含めて10年間という契約期間ではコストの回収は難しくなります。要件の厳しさや30%という高い税率も、事業者を悩ます要因となっているようです。

新型コロナウィルスの感染拡大で既に大きな被害を受けたインバウンド旅行市場。観光産業を再び盛り上げたい日本においてIRには大きな期待が寄せられていますが、マーケットリーダーであるラスベガス・サンズの撤退は、IR実現への暗雲であると言えます。

 

最近のカジノレビュー
4.5 rating
デイズ :入金不要ボーナス
3.8 rating
ジャンボリー :VIPプログラム
5.0 rating
コニベットカジノ:入金 不要 ボーナス
4.5 rating
ビットカジノ:定期的なプロモーション・ロイヤルティプログラム
4.5 rating
22bet カジノ:ウェルカムボーナス