パチンコとは?

日本はついにギャンブルへの扉を開いたが2019、これはパチンコが国内で持ち続けている優位性を奪うものではありません。パチンコとは何ですか、そしてその影響はどのくらいですか?それはあなたが間違いなくすべてについて知っているべき長くて面白い話です。

パチンコ

パチンコとは?

日本はついにギャンブルへの扉を開いたが2019、これはパチンコが国内で持ち続けている優位性を奪うものではありません。パチンコとは何ですか、そしてその影響はどのくらいですか?それはあなたが間違いなくすべてについて知っているべき長くて面白い話です。

パチンコ—ネイションズフェイバリット

信じられないかもしれませんが、パチンコの歴史はあなたが思っているよりずっと長いです。 1947では、最初の電気機械式パチンコ機が登場し、日本人はすぐにそれに夢中になりました。

しかし、パチンコの重要性を真に理解するには、歴史の道をさらに進む必要があります。日本でのギャンブルは1907以来禁止されており、それ以前でも多くの皇帝がこの活動に憤慨していました。カードゲームをするのが好きな人もいましたが、賞金は決してお金ではありませんでした。それは宝石か上品な服でした。これは主に、日本が歴史を通じて何度も国境の扉を開かなかったという事実の結果です。ほとんどのゲームは中国またはポルトガルとオランダから来ました。

ポルトガルとオランダのトレーダーはヨーロッパのカードゲームを持ってきました日本に、そして中国人は多くの異なったダイスゲームをもたらしました。日本人は彼ら自身の規則と文化に従ってそれらすべてを適応させました—それはあなたが今日この島国でしか見つけることができないいくつかのゲームをもたらしました。

しかし、一部の皇帝のおかげで、日本のギャンブルに対する見方はほぼ無期限に悪化しました。ある政府は、ギャンブルを恥ずべき屈辱的なもの、つまり日本の地下世界に属するものとして提示する計画を思いつきました。結局、日本人はどんな形のギャンブルにも憤慨し、この考え方は最近まで続いていました。

パチンコをする—本当にギャンブル?

これは、多くの外国人がパチンコについて見つけるかもしれない紛らわしいことです—日本の人々はそれをギャンブルとは考えていません。日本のいたるところに、いつも人でいっぱいの何千ものパチンコ店があります。観光客にとって、パチンコはスロットマシンによく似ていますが、長い間ギャンブルを嫌っていた国では、どのように合法ですか?

真実は、パチンコゲームは法律のグレーゾーンに住んでいるということです、そしてそれは報酬のためだけですお金ではありません。それらは通常、宝石、キャンディー、または衣服のいずれかです。本質的に、それがあなたにお金を勝ち取らせないのであれば、それはギャンブルではありません—それはそれと同じくらい簡単です。

パチンコをプレイするにはどうすればよい?

パチンコ

パチンコをプレイするにはどうすればよい?

まず、政府がそれらのほとんどを規制しているので、それほど難しいことではないはずの良いパチンコ店を見つけること。パチンコはスロットに似ていますが、ピンボールマシンをベースにしています。つまり、プレイするにはボールが必要です。あなたはパーラーの「ディーラー」からこれらの小さな金属製のボールを購入し、それらを機械の中に入れます。他のピンボールゲームと同様に、あなたの目標は、これらの鋼球のいずれかをポケットの中に着陸させて賞を獲得することです。

簡単そうに見えますが、思ったよりずっと難しいです。ボールポケットは、パチンコボール自体よりわずか1〜2ミリ広いです。これは、パチンコ奏者の大きな決意を実感させてくれます。ボールの数はあなただけに依存します—購入すればするほど、チャンスは大きくなります。これが、ボールを発射すると副腎が実際に機能する理由です。ボールが競技場で跳ね返るのを見るのは、面白くても非常にストレスの多い経験です。

それでもこのゲームが日本でそれほど人気がある理由が十分に明らかにならない場合、それは意味します自分で試してみる必要があります。このゲームが当初考えていたよりもはるかに中毒性があることに気付くにつれて、時間がどのように飛んでいくかに驚くでしょう。

パチンコの岩だらけの道

パチンコ店は第二次世界大戦後に初めて現れ、日本人は最初は彼らに非常に反対していました。結局のところ、誇り高き国はギャンブルを問題があり中毒性のあるものと見なしていました。さらに、これらのパーラーを運営したのは韓国人の日本人であったという事実はまったく役に立ちませんでした。

韓国の後北と南に分かれて、多くの韓国人は日本に移住することに決めました。政府は彼らを助けることに同意したが、国は両手を広げて彼らに挨拶しなかった。韓国人は社会からの大きな差別と孤立に直面しました。

パチンコの歴史に本当に興味があるなら、ぜひ「パチンコ」の本を読んでください。有名な作家ミン・ジン・リー。物語は人生のかなり早い時期に妊娠した少女を追っていますが、それには象徴的な背景があります。ミン・ジン・リーは実際、在日コリアンの多くが今日でも直面している差別の物語を語っています。

ある時点で、韓国人は自分たちの文化や言語を勉強することさえ許されていませんでした。さらに、彼らは日本のパスポートを取得するために韓国市民権を勘当する必要がありました。ミン・ジン・リーの言葉によれば、「歴史は普通の人のほとんどすべてに失敗しましたが、それは大丈夫です。」

これをすべて知っていると、単純なゲーム機が2つの国の歴史全体をどのように形作ったかがわかります。また、それほど遠くない日本の歴史におけるパチンコの重要性をはっきりと理解することができます。

パチンコと新しいギャンブル法

パチンコ

パチンコと新しいギャンブル法

当然のことながら、日本がギャンブルを合法化したという事実は、全国的に懸念の波を引き起こしました。

  • ギャンブル依存症は深刻な問題になりますか?
  • パチンコはどうなりますか?
  • それは社会全体にどのように影響しますか?

これらの懸念はすべて正当なものです。国のはすでにパチンコ中毒に苦しんでいます。最も重要なことは、パチンコ店のオーナーは、これが彼らのビジネスを破壊するかどうか心配していることです。しかし、多くの人はそれが逆になると信じています—パチンコビジネスはさらに開花するかもしれません。日本に来るすべての観光客は間違いなく新しくオープンしたカジノリゾートを訪問したいと思うでしょう。しかし、彼らはまた、日本が提供しなければならない伝統的なギャンブルの形式を体験したいと思うでしょう。その次に、伝統的な花札カードがついに地下から出てきて、最新のギャンブル感覚になるかもしれません。

どちらにしても、確かなことは1つあります。日本とパチンコは新しい時代の始まりであり、多くの人がそれはかなり成功するだろうと主張しています。

最近のカジノレビュー
3.8 rating
ジャンボリー :VIPプログラム
5.0 rating
コニベットカジノ:入金 不要 ボーナス
4.5 rating
ビットカジノ:定期的なプロモーション・ロイヤルティプログラム
4.5 rating
22bet カジノ:ウェルカムボーナス
4.5 rating
Bob カジノ:ボーナスパッケージ
5.0 rating
Woo カジノ:ウェルカムオファー
4.3 rating
Bons カジノ:ウェルカムオファー
4.0 rating
Lucky カジノ:入金不要ボーナス
5.0 rating
Gambola カジノ:入金不要ボーナス
4.3 rating
ミスティーノ:ウェルカムボーナス
4.0 rating
KaKeYoカジノ:キャッシュバック
3.3 rating
Zipangカジノ:VIPクラブ
3.0 rating
Vegas Plusカジノ:ウェルカムボーナス
5.0 rating
エンパイア777カジノ:ウェルカムボーナス
3.5 rating
Queen カジノ:VIPクラブ
5.0 rating
カジ旅カジノ:ウェルカムボーナス
0.0 rating
ウェルカムボーナスパッケージ
3.8 rating
iLuckyカジノ:初回入金ボーナス
4.3 rating
National カジノ:ウェルカムパッケージ
3.5 rating
Oshi カジノ:最初の4回の入金でマッチボーナス